スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | スポンサー広告

holiday e.p. 収録情報

holiday e.p. hiromi feat.巡音ルカ

track list
1.holiday            ニコニコ動画
2.君に贈るロックンロール ニコニコ動画
3.青い鳥(※)
4.ティンカーベル・テール  ニコニコ動画
5.ダイヤモンド        ニコニコ動画
6.holiday -acoustic ver.-



以前アップした曲のリテイク再アレンジバージョンの収録になります。
(※)書き下ろし新曲です。

以前のバージョンはニコニコ動画にて公開中です。
ニコニコ動画マイリスト


参加予定イベント:ボーパラ9 (at 名古屋国際会議場)
イベント頒布価格:\500-


※ 収録内容や内容物に関して、万が一不備がございましたら左記メールフォームにてご連絡ください。
  対応させていただくためにも、不備の内容と程度、ご連絡先のメールアドレスを必ずご記入ください。


以下歌詞


tr1.holiday song by 巡音ルカ

気だるい朝を迎える
寝ぼけまなこで時計見る
待ち合わせは10時半
何度目かの電話鳴る

このままもう一度
布団に潜ってやろうか
時計の針は11時
もう一度電話鳴る

なんて言い訳しようかな

君が隣にいるだけで
ひだまりの中の心地よさ
君の笑顔が見たいだけ
一人電車で揺れるホリデイ

気まずい顔して電話出る
見えないのに頭下げる
今から出ても1時間
待ちくたびれてないだろうか

どこで挽回できるかな

内緒で買ったシルバーリング
ポケットの中に忍ばせて
どんな顔して渡そうか
君は笑ってくれるかな

君が隣にいるだけで
ひだまりの中の心地よさ
君の笑顔が見たいだけ
一人電車で揺れるホリデイ


tr2. 君に贈るロックンロール song by 巡音ルカ

燃え上がるほど美しく
響く音に酔いしれる
張り上げた声力強く
新たな一歩 踏み出す

何十回、何百回、声を張り上げて
書いては消して 愛のうた
何十回、何百回、ギターかき鳴らし
君に贈る 愛のうた

心配かけた 支えてくれた
君を傷つけた

何度でも何度でも何度でも伝えるよ
君のためのロックンロール

見守ってくれた いつもありがとう
ずっと君を守るよ

壊れそうなほど綺麗な
雪の結晶のようで
こぼれ出た声は震え
強がりながら歩いてゆく

新たな一歩踏み出した


tr3.青い鳥 song by 巡音ルカ

午前四時の静寂
響く音は時計だけ
遅くなったタイムライン
まだ紫色の窓の外

ぬるくなったコーヒーを一口
少し重くなった瞼をこする

四角い窓を覗いて
君のいる箱庭の中へ

汗をかいたグラスを眺め
なんでもないと呟いた

濃いめに淹れたコーヒーはブラックで
なんでもないと誤魔化した

恋に焦がれたまだ見ぬ君のことを
夢に見てはまた(目が覚める)
夜に呼ばれてまた見る青い鳥の元
今夜もきっと会えるはず
いつかの気持ち抱いて会いに行く


tr4. ティンカーベル・テール song by 巡音ルカ

もういいや やってられない
好きなことを好きなようにやるんだ
マンネリと陰鬱な世界に背を向けてさ

ティンカーベルを連れてネバーランドに行くんだ
ピーターパンになりたい

知ってたんだ
それでもこの世界は当たり前に残酷で
夜は明けるし 日曜は寝てるし 月曜はやってくる
仕事は終わらない
心も体も余裕はないから新しい一歩は踏み出せない

ティンカーベルはいない
ネバーランドは見つからない
ピーターパンになれない

時には悲しかったり 腹立ったり 傷ついたりするけど
それでも楽しかったり 喜んだり 嬉しかったりするだろ
じゃないとやってらんない
やってらんない

尻尾を捕まえたなら
絶対離すんじゃない
ピーターパンにならない

ティンカーベルはいないけど
ネバーランドはないけど
月曜はやってくるけど
仕事は終わらないけど
ピーターパンにはならない
なりたくはない


tr5. ダイヤモンド song by 巡音ルカ

水たまりにはねる雫
にじむ町並み 夜にとけてゆく

どこかに傘も忘れたみたい
落ちた雫は誰のものなの

あんなに綺麗だったガラス玉も
いつしかくすんでぼやけてしまった
今でもこんなに胸を締め付けられる
君の面影を探して

輝いていた
バカやって笑いあう毎日
見つめあってはドキドキして時間が止まった
嘘もついた
怒って泣いてを繰り返した
喧嘩してはまた抱き合った

あんなに大事にしてたガラス玉も
いつしかどこかになくしてしまった
メールのひとつで一喜一憂していた
あの日の夢を見る

あんなに綺麗だったガラス玉は
ホントはダイヤモンドだったのかな
今でもこんなにキミがここにいるのに
君の体温
染まる頬にも
潤む瞳も
もう感じられない

輝いていた
バカやって笑いあう毎日
見つめあってはドキドキして時間が止まった
嘘もついた
怒って泣いてを繰り返した
喧嘩してはまた抱き合った
喧嘩すらもうできない
君に・・・


tr6. holiday -acoustic ver.- song by hiromi

tr1.と同一につき省略

2014.10.19 | コメント(0) | トラックバック(0) | 告知

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

ひろみ

Author:ひろみ
ただの工場勤務の会社員。
ボカロPらしい。




マイリスト@ニコニコ動画

ツイッター

ピアプロ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。